HOME > ボルダリングの遊び方

ボルダリングの遊び方

ボルダリングが初めての方も、スタッフが丁寧に遊び方・登り方を案内します!


ボルダリング(Bouldering)とは?

ボルダリング(Bouldering)とは、フリークライミングの一種で、2~4メーターほどの大きな岩(壁)を安全確保無しで行うクライミング全般を指します。 道具なしの肉体一つで行う最もシンプルなフリークライミングです。

クライミングジムBumpyはボルダリング専用の室内ジムで、手軽に初心者から上級者までボルダリングを楽しめるようになっています。


ボルダリングのルール

色とりどりの石(ホールド)を自由に登ったり、スタートからゴールまでテープ指定されたホールドを使って落ちずに登りきれば、コースクリアとなります。

テープ課題

※店舗によって色分けが異なります

テープで指定されたホールドのみを使いゴールを目指します。
Bumpyでは難易度に応じた課題(コース)がたくさん設定されています。
まったくの初心者でも登れるやさしい課題から設定されていますので、クライミングが初めての方にも十分楽しんでいただけます。

登り方

登り方1

【1】スタートの体勢、『S』と書かれたテープが指定しているホールドを両手で保持し体がマットから完全に離れた状態で安定してからスタートします。

登り方2

【2】登るテープで指定されたホールドだけを使って登ります。(足自由課題の場合、足はどのホールドを使っても良い)

登り方3

【3】ゴール(完登)『G』と書かれたテープが指定しているホールドを両手で保持し、安定した状態になれればゴールです。

クライミングシューズ

当ジムでは壁を登る際クライミングシューズを使用します。その他の靴ではご利用できませんのであらかじめご了承ください。
クライミングシューズをお持ちでない方はレンタルシューズをご使用ください。
※お子様用の小さなサイズはレンタルがない場合があります。その場合お子様に限り上履きでのご利用が可能です。念のためお持ち頂く事をお勧めします。

クライミングシューズにはホールドに乗りやすくする為に以下の特徴があります

  • 靴底に凹凸がなく堅めのラバーになっている
  • 指先部分が狭くなっている
レンタルシューズのサイズを選ぶ時や使用時の注意点
  • 指が軽く曲がっている状態になるサイズを選ぶ
  • 最初は足が痛くなり易いので登る直前に履き、降りてきたら脱ぐ
  • 他の方も使うのでレンタルシューズのかかと部分を踏まない

クライミングジムBumpyの特徴

b_03.jpg
★ 特徴 1 
ホールドの密度が多いジムですので、高さや危うさを競うことなくクライミングの技術が向上されます。

★ 特徴 2 
自重を使う全身運動。短期間でしなやかな身体をバランス良く鍛えることができます。

★ 特徴 3 
壁全体を使ったロングコースも設定してありますので、持久力やテクニックが身につきます。



利用規約

ボルダリングのルールとマナー

  • マットの上は、登る人だけが上がります。登り終わったらマットから降ります。
  • マットの上に座りません。マットの上に物を置きません。
  • 登る前に、近くで登ろうとしている人がいないか確認します。
    自分の登る課題と他の方の登る課題が接近しないことを確認してから登ります。
  • 降りるときは下に人がいないか・物が置いていないかを確認し、安心して降りられる高さまで降ります。
  • 登っている人はいつ落ちてもおかしくない状態にある事を理解し近づきません。

施設利用のルール・マナー

  • 飲酒しての入場・登攀は固く禁止します。
  • 館内は全面禁煙・火気厳禁です。指定の場所で喫煙します。
  • 裸足で登りません。爪は短く切り、指や手首にアクセサリーをつけません。
  • 走り回ったり、マットの上で遊んだりしません。
  • マットの上で飲食しません。
  • 18歳未満の利用は保護者サインが必要です。
  • 小学生の利用は保護者1人につき2名まで参加可能です。
    小学生3名の場合、保護者は2名必要です。
  • 保護者はその責任のもと、児童にルール・マナーを守らせます。
  • 児童が登る際は目を離しません。
  • 貴重品は各自で管理します。
  • 車は所定の場所へ駐車します。駐車場での事故は自己責任で処理します。
  • スタッフの指示に従います。
  • すべての代金は、いかなる場合でも途中返金できません。
  • レンタルシューズを利用する時は靴下を着用する。

危険性についての合意

  • マットの上に落ちても、落ち方によっては怪我をする可能性があります。
  • 課題によって危険性は違います。すべての課題は各自の責任の下にトライします。
  • ホールドは定期的にメンテナンスをしていますが、回る可能性があります。
    また、破損、落下する可能性があります。
  • ルールを守らないと、怪我を負う・負わせる可能性が極めて高くなる可能性があることをしっています。
  • ルールを守りすべての知識をえたとしても、怪我の可能性があることを知っています。
  • 怪我は軽症がほとんどですが、重症になることもありえます。
  • 以上のルール、マナーを全て守ります。守れない場合、自らの意思で退場します。

18歳未満のご利用について

  • 18歳未満のお客様は保護者様の同意書記入がない場合ご利用できません。
  • 小学生から利用可、幼児は不可。
  • 小学生の利用は保護者(20歳以上)1人に対し2名(利用しない小学生以下を含む)までとします。小学生3名利用の場合は保護者が2名必要です。
  • 小さいお子様が騒いだり、走りまわったり、他のお客様の迷惑にならないよう監督お願いします。
  • 小学生の方が登られる際は、必ず保護者様はお子様の目の届く位置で監督してください。
  • 小学生の方が2名利用の場合、必ず1人ずつ登らせて下さい。
  • 小学生の方を監督する際、保護者様は他の利用者の動きに細心の注意を払いマットの上でお子さんを監督していただいて構いません。
  • 同伴者様が登る際は、必ず同伴者様が登っている間、お子様が勝手に登らないようにして下さい。
  • シューズのサイズがない場合上履きをご利用ください
  • 未成年の方の保護者様には、ボルダリングの楽しさ、危険性を理解していただく為にも一緒にボルダリングをされることをオススメします。
  • 当施設を利用されない保護者様は混雑時ベンチの利用をお控えください。

※その他、他のお客様への迷惑になると判断した場合、退店をお願いすることが御座います。あらかじめご了承ください。

中学生以上の方のご利用は同伴者なしでも可能ですが、会員登録書に保護者の署名が必要です。
HP上段『会員登録書』よりダウンロード出来ますので、印刷し、注意事項、利用規約をよく読んだ上で保護者署名をしてきて頂けるとそのまま登録が出来ますのでご活用下さい。


このページのトップへ