HOME > スタッフブログ > RICEって知ってますか

スタッフブログ

< 笑顔はじける  |  一覧へ戻る  |  3月 >

RICEって知ってますか

三寒四温な今日この頃ですね。

花粉も飛んで、ストレスを感じる季節です。
体調管理に気を付けていきましょう。

気を付けていても、してしまうのが怪我。
もしやってしまった場合・・・
どう対処しましょうか・・・?

想像してみてください。
スマホがつながらない、山奥の岩場で、怪我をしてしまったとしたら・・・
同行した人が、もし意識がなかったら・・・?

楽しいから岩場に行くのはわかりますが、
リスクがあることを十分理解のうえで、『もしも』を考えていくのが、
アウトドアの遊びだと思います。



RICEとは骨、関節、筋肉の障害に対して行う、基本の応急処置のことです。

Rest ・・・休息 なるべく安静にする
Ice  ・・・冷却 氷や冷水などで、衛生的な状態で幹部を冷やす
Compression・・・圧迫 患部出血を抑える
Elevation・・・拳上 患部を心臓より高く上げて、腫れを防ぐ

 
どこかで見たことあるかもしれません。
いざっていうときにすっと対処できると、できないでは大違いです。

ジムで怪我したら、すぐにとりあえず、氷をもらって、氷水で冷やしましょう。
氷くらいはどのジムにもあるはず。
患部を高く上げて、落ち着いたら、固定して、すぐ病院へ、
自力でいけるなら、極力自力で、病院へ行ってください。

自力で動けない場合だけ、救急車を呼ぶべきで、
それがリスクがある遊びをしていることへのマナーだと思います。

もし、これが野外だったら。
意識がある・ないなどで、色々な場合があるとは思いますが・・

同行者が意識がない場合、どうすべきか。は、
宿題ってことで。私も今一度考えてみます。

動けて意識がある場合は、
できる範囲でRICEを実行して、山から脱出して、病院へ向かいましょう。
その際、添え木や包帯に代わるようなものは何があるだろうとか、考えて、
練習をしてみるといいかもしれません。

IMG_4568.jpg

手拭い一枚で三角巾替わりにできるか?
ちょっと短い(笑)検討が必要ですね。


岩に行かれる方、ジムで遊ばれる方には、
一度、応急処置RICEについて考えてもらえるといいなと思います。
もっと詳しく知りたいかたは、消防署や赤十字で講習会などもありますから、
ぜひ受講をおすすめします。

安全に楽しいクライミングライフを!


















< 笑顔はじける  |  一覧へ戻る  |  3月 >

このページのトップへ