HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 2019年5月

スタッフブログ 2019年5月

ゲリラコンペ!!

こんにちは\(^_^)/

昨日は今週末、高山のクライミングジムハイマウントで行われるコンペに常連さんが初参加すると言うことで、少しでもコンペがどんな感じか知って貰おうと思い5~3Qくらいの課題を16本作成!!
時間決めてコンペ形式でトライして貰いました(^^)/
普段登るときよりも緊張したり必要以上の力を使ってしまっていつもなら登れるはずの課題が登れなかったり苦戦してました

少しでもどんな感じかつかんで貰えたかな~

作った課題はファイル課題として残っているので誰でもトライしてみて下さい!!
時間計ってコンペ練習するも良し、普通に時間かけてやるも良し、1人ででも、友達とでも楽しいと思います(^o^)
チェックシートも作ってあるので是非利用して下さい!!

IMG-0639.jpg
IMG-0642.JPG


連休明け!

連休明けは、お土産に期待!!

IMG_0137.JPG

さっそく、珍しいお土産いただきました。
ありがとうございます!

連休中には、おひさしぶり~!!な方々が遊びに来てくれて、
うれしい限り。

IMG_0097.JPG

IMG_0081.JPG

元気そうで、何よりです。

いっぽうで、遠くに行きます、という方も。

行った先でもボルダリングを続けてくれそうなので、
また長期休暇の際は、遊びに来てくださいね!

お土産、期待してます(笑)



Beautiful Harmony

2019年、5月。
令和の時代になりましたね!

IMG_5021.JPG

マンスリー課題も更新されています。
残りのゴールデンウィークもどしどし遊びに来てください。


『令和』の意味、を英語で説明すると、
『Beautiful Harmony・美しい調和』という意味ですよ、と外務省の説明があったそうですね。

新しい風を感じます。

暇人か?と思われるかもしれませんが、
クライミングにおいての『Beautiful Harmony』って何だろう?
と、ふと考えてみたのです。

まず思いついたのが、
自分の体、部分部分の調和。
クライミングって、やればやるほど、全身の動きの連動が必要だと実感します。

あとは、
壁・岩との調和。

レベルアップ講習会の際に、
『クライミングはどんなスポーツでしょう?』と問いかけた際に、
ベテランの方から、『壁と、ダンスをするようだ』
と、お答えいただきました。

自分の体の連携を用いて、目の前の岩と、ダンスする。
うまく登れた時は、まさしく調和を感じる、と思います。


人との調和もありますね。
同じ課題を、みんなでセッションすること。
年齢も、職業も、違う人々が同じ目標に向かって、一生懸命になれるのは、
調和がそこにあるから、じゃないでしょうか。


本来は、クライミングは自然の中で、発展してきたスポーツです。
自然との調和、のスポーツのはず、ですよね。
この調和については、少々?を感じます。


私は今、山に近い自然の豊かなところに住んでいます。
地域の方々は、自分の山を持ってらっしゃる方々。

その方々がおっしゃるには、
『昔は薪の焚き付けに使う小枝を拾って歩いたから、
山はこんなに荒れていなかった。
今は、山菜もごっそり採っていかれてしまうし、
ごみもたくさん捨てられてしまう』

なんか、どこかで、聞いたことがある話。


こんなに生活が便利になるまでは、
人と自然はもっと調和していた、と思います。
生活の延長上に、里山があったのです、当然ですよね。
人が山を整備しているために、水源である森も守られ、
町に豊かな水が届けられていく。
土砂災害などもにも、強い山林に整えられていた。

しかし現在、山を整備する、担い手不足。
そのせいで、生物多様性が低下したり、災害が出やすくなってきているそうです。


クライミングは自然の中で遊ぶスポーツ。
クライミングが人と里山の調和に、役立てばいいなあ…。
クライマーみんなが里山を守る人という意識がもてればいいなあ。

日本の環境を守り維持していき、
いつまでも、こども達が笑顔で過ごせますように。

令和の時代も、楽しく登りましょう!!






1

« 2019年4月 | メインページ | アーカイブ | 2019年6月 »

このページのトップへ