HOME > スタッフブログ > 立甲、できたらいいな

スタッフブログ

< 普段着  |  一覧へ戻る  |  液体チョークが固まったら >

立甲、できたらいいな

こんにちは。
岐阜店のひびきです。

突然ですが。

407BE33D-D619-4BC7-BB63-B1FCD455C4D6.jpg

立甲ってできますか?

肩甲骨、ぼこってなるやつです。
上の写真で、真ん中の人がやっているやつです。

C1D566AA-34CD-4AEC-BF86-8E75992E5994.jpg

左の人・・肩甲骨が中央によってます

右の人・・健康ことが天井方向に立ってます。
この状態が立甲です。

私はできません・・・
いつも、できている人に見てもらうと、
『う~ん、肩甲骨が寄っているんだよね』
って言われて、

??????

だったのです。

全力で、肩甲骨をだしている、つもりでやっていのになんで~~

でも!ようやく!

人がやっているのを見て、
ようやく自分がどういう状態なのかがわかった!!


肩甲骨が寄ってしまう状態の時は、
めっちゃ背中側に力はいってました。

じゃあ、いったいどこを使っているのか?
立甲は、
『前鋸筋』に力を入れているそうです。
前鋸筋は、肩甲骨の裏側から、肋骨につながって、
肩甲骨の上方回旋、肩甲骨の前に出す、肋骨の拳上に機能しますとのこと。


キャプチャ.PNG

意識するところ、全然違ったし!

また、三角筋や僧帽筋に力が入るとうまく立甲ができなくなるそうで、
立甲やるためには、これらの筋肉の力を抜いていられるようにならないと、なんです。

ムズイ!
普段、一つ一つの筋肉を考えることはなく無意識でしたから、
どこの筋肉がどのように働くのか、知ることも大切ですね・・


そして、それをどう伝えるのかも難しい。
『肩をさげて』と言われたりしましたが、

私の中では『だっちゅーの』の方が、しっくりくるような。
知ってます?
脇をしめて、肋骨あげて?、とかでもいいのかな?

できる人見ていると、できたつもりになってしまうマジックにかかりますから。
ちゃんと現実を見る必要がありそうです。

できるようになった人は、鏡をみながら練習したそうです!!

お風呂上り、練習しよう~


FBE98DFC-5E24-43FE-B97C-930B4A8EFAF1.jpg

説明を聞いてすぐできる方はすごい。

すごくクライミングが強い人でも、
立甲できないひともいるそうなので、
別に何ってわけではないですが、

自分の体に意識を向ける練習にはいいかもしれない、と思います。

レッツチャレンジ!!






< 普段着  |  一覧へ戻る  |  液体チョークが固まったら >

このページのトップへ